日本製ハンドメイドブランド【mii】は、現役で活躍するファッションデザイナー(兼パタンナー)佐伯美香とwebデザイナー三上美都の二人で運営しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Fa.M(ファクトリーエム)-mii(ミィ)
 
[スポンサー広告
web制作の現場
プランニング、webディレクション担当のmitoから、web制作現場のお話をちょっとしたいと思います。

web業界の表向きは華やかに見える?

IT業界、web業界を目指す若者はきっとたくさんいて、これからも増えるのだろう。
学生たちから見ると、web業界はどんな風に見えるのだろうか?

仕事は?と聞かれ、「デザイナーです」(またはディレクターです)と答えると、
「カッコイイ」という人がいる。
デザイン業界、web業界、マスコミ業界は、表向きは華やかに見えるかもしれない。
しかし、実際はどうだろう。

夢を抱いている若者に対してなんともガッカリするような話になるが、
ただ『興味があるから』『カッコイイから』『好きだから』
だけでは、続かない仕事だということだけは言いたい。

web業界の実態は

サービス残業、徹夜で会社に泊まるのも当たり前!の世界。
昔で言う、『3K』のようなもの。
SEも同じなようで、自分たちのことを『電脳ドカタ』と言っていた、と友人から聞いた。
わかるわかる!web業界も同じ。
納期のある仕事はどうしてもそうなってしまうのであろう。。。

納期に余裕のある仕事はほとんど無いといっても過言でない。
なぜなら、金額の大きな案件は、
クライアント→広告代理店→下請けの制作会社→下請けの下請け・・・(場合によっては、→SOHO)
のような図式になることが多く、
どうしてもそのタイムラグと伝言ゲームで現場にしわ寄せがくるのであろう。
もちろん、予想外のトラブルや、諸事情がある場合もあるので一概に言えないのだが。

そして、連休や休日前に「じゃ、これ休み明けまでにやっておいてね」といって、
当の本人のクライアントや広告代理店は会社を休むのだ。
この昔からの慣習のようなものをやめていただくことはできないのだろうか?
といつも思う。
それなら断ってしまえ!といわれればそれまでだが、
いざ断ってしまうと、今後の仕事もそれまでになってしまうのだ!
それが怖くて、大抵は「ハイ!よろこんで!」とつい言ってしまうのは私だけではないはず。

体力、実績、技術力、センス、コミュニケーション力、行動力・・・
そして、柔軟で小回りが利き、頭の回転が早い人材が生き残る、サバイバルな業界なのだ!

そんなサバイバル業界。ではweb制作の魅力は?

自分の仕事の結果(評価)がわりと実感しやすく、達成感を感じられるからだろうか。
ものづくりの醍醐味である。
表向きには見えない、地味な苦労がたくさんあるにも関わらず、
人材過多と不況の影響もあってか、単価はどんどん下げられ、
SOHOなどは、それに見合った対価が得られにくいというのも実情である。。。

by mito
スポンサーサイト
Posted by Fa.M(ファクトリーエム)-mii(ミィ)
comment:0   trackback:0
[Web制作]  thema:仕事の現場 - genre:ビジネス
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。